man wearing black and white stripe shirt looking at white printer papers on the wall

評価

銘柄をどのように評価すればよいのだろうか。

PER

  • PERを見て割安/割高を判断できない。
  • 個別株のPERが上昇している状況=マルチプル・エクスパンション(Multiple Expansion)。
    • 将来の成長を織り込んでいく過程。新商品の発表など。利益増加が実現されると、PERがガクンと下がる。
  • 個別株のPERが下がっている状況=マルチプル・コントラクション(Multiple Contraction)
    • 投資家が現状好業績の継続性に懐疑的。
  • 収益ボラティリティ
    • 収益が見通しやすい株はPERが高くなりやすい(定番消費財など)。
    • 収益が変動しやすい株はPERが低くなりやすい(自動車など)。

成長率

  • 成長率=一株当たり利益(EPS)の成長率。
    • 1年後の成長率を使うのが普通。
    • 2年後以降は予測が難しい。
  • グロース株の場合は参考程度にPEGレシオを確認。PER/EPS Growth Rate=1.0
    • 1という数字に根拠はないが米国人投資家で気にしている人は多い。
  • 黒字未転換のスタートアップの場合。
    • 売上高成長率を使う。
    • ただし成長とともに売上高成長率は鈍化するもの。その後の評価は困難。

大きな失敗を回避するために

  • 営業キャッシュフローを見る=最もごまかしにくい。
    • その年の純利益の数字よりも必ず大きくなければいけない。
    • 毎年着実に増えている。
    • 営業キャッシュフロー・マージンが15~35%はある。