Archive: 5月, 2012

Shibuya UX #11 Web Analytics for User Experience

5月30日水曜日、GMOインターネットグルプのカフェYoursにて、「ShibuyaUX #11 Analysis for UX」が開催されました。募集サイトでお集まりいただいた方、および関係者で70名以上の参加となりました。

続きを読む »

社内でHCDワークショップ6:構造化シナリオ法

5月25日、6回目のワークショップ。

今回は前回作成したユーザーおよびユーザーのゴールを、ビジネス側の提供シーズとぶつけ、具体的な製品の青写真に落としていきます。

「構造化シナリオ法」とは、日本人間工学会アーゴデザイン部会が開発した「ビジョン提案型デザイン手法」における中核的な手法です。

ユーザーとビジネスの接点からサービスのコアコンセプトとして「バリューシナリオ」を作成、そこから利用シーンごとにアクティビティシナリオへ、さらにインタラクションシナリオへと具体化していきます。
ビジョン提案型ではこれら3シナリオを進める中で、「発散」「収束」を繰り返すことで、精度の高いプロダクト開発が可能になる。また単なる問題解決ではなく、これまでにない視点を生み出すことが可能だと思います。

このワークショップでは一連のビジョン提案型をすべてやるわけではありませんが、得に「アクティビティシナリオ」→「インタラクションシナリオ」にフォーカスして、「コトのデザイン」「モノのデザイン」ができるようになることを目指します。

 

実施内容

タイムスケジュールはこちら。

続きを読む »

メモ:キュレーション

  • 「編集」である。
  • キュレーションの手助けをする仕組みは存在するがキュレーションを実現できる仕組みはまだない。
  • 人の手が(間接的に「行動データ」という形として、でも)入らなければ、キュレーションは成立しない。

続きを読む »

社内でHCDワークショップ5:ペルソナシナリオ法

5月11日、1ヶ月半ぶりのHCDワークショップ開催でした。

これまで行なってきたことは「検証(評価)する」だったとすると、これからの3回は「作る」というところです。
いかにも「Goal-Directed Design」らしいところに突っ込んでいきます。

今回はカメラを忘れてしまいましたので、写真はナシです。詳しい様子は講師の浅野先生のブログでどうぞw。

当日の流れ

タイムテーブル。端的にいうと、ペルソナを作る回。

最初に「ペルソナシナリオ法やったことある人?」というと、社内の人で手が上がった人はいなかったと思います。
先入観がないということで、とてもいい!w というスタート。

短期間のワークショップでは、ソリッドなファクトベースで進めることは難しい。ので、手順がつかめず悪戦苦闘するチームも。
でも、最後に評価グリッドが形になってくると、「ああ、こういうことね」とハラオチ感が出てきたと思います。ユーザーのゴールが構造として理解できる、もっともハンディな方法だと思います。

ペルソナシナリオ法のワークショップって難しいよね、という話と、ビジネスニーズの明示という話

写真もないので、その他細かい紹介は省略しますw
かわりに、ペルソナシナリオ法のワークショップそのものについての気づきを書きたいと思います。これまで、参加者としてペルソナシナリオをやるときも手応えを感じつつもフラストレーションが高いと感じていました。今回、自分がホスト側として関わってはじめて見えてきたことがあります。

端的にいうと、ペルソナを作る回なのですが、それがワークショップとしては難易度が高いのです。理由は2つあります。

続きを読む »